線バネ

圧縮コイルバネ

「圧縮コイルバネ」とは押す力に対して、戻ろうとする力を利用するバネの基本タイプ形状です。
光洋では主に圧力を制御する弁バネ等の精密な圧縮コイルバネを製造しております。
又、その殆どがカスタム製品ですのでお客様の求める荷重値や径の設計を行い製造する事が可能です。
コイル形状は通常の円筒以外にも「円錐型」「たる型」「つつみ型」等といった使用用途に合わせ
形状に変化を持たせた物もあります。
圧縮コイルバネ01
圧縮コイルバネ02 圧縮コイルバネ03 圧縮コイルバネ04
給湯機パイプの中に入れるコイルバネで、水流が製品(コイル)に沿う事により、温度調節や水音の低減が可能となります。
現在、殆どの給湯機パイプに使用されている。

加圧や減圧を目的に使用されている弁バネ 

D/d30を超えるバネも製造しており、加工困難なバネ形状でも製造する事が可能です。
コイルバネは類似形状が多いので他製品との混入を防ぐ為にカラーリングを行い、差別化を図っております。

引張りコイルバネ

「引張りコイルバネ」とは圧縮コイルバネとは逆に両方向に引張る力を利用して用途を満たすバネとなっております。
相手物に取付ける為のフックが両端部につき、その形状も使用用途により様々な種類があります。
圧縮コイルバネ同様、お客様の仕様に合わせフック形状・荷重値等を設計し製造する事が可能です。
光洋で製造を行っている引きバネは家電機器や設備機器等の幅広い分野で使用されており、その殆どが設計から携わり、お客様のご利用用途に合わせた引きバネを収めさせて頂いております。
引張りコイルバネ01

フックの主な種類

丸フック 半丸フック 側面丸フック 斜め丸フック Uフック Vフック
丸フック 半丸フック 側面丸フック 斜め丸フック Uフック Vフック
           
角フック 逆丸フック 絞り丸フック(本体) 絞り丸フック(別体) 栓形ねじ込みフック 板形ねじ込みフック
角フック 逆丸フック 絞り丸フック(本体) 絞り丸フック(別体) 栓形ねじ込みフック 板形ねじ込みフック
引張りコイルバネ02 引張りコイルバネ03
写真の様に引きバネの中にワイヤーを装着して引張る力を操作する形状も弊社で製作しております。(ワイヤー組み付けまで弊社で執り行っております)
引張りコイルバネ04 引張りコイルバネ05
フック部を別部品として加工し、バネ本体部に矢印方向へねじ込む作業を行い、右写真の様な引張りコイルバネの完成となります。(上記フック形状 栓形ねじ込みフック)

ねじりコイルバネ(トーションバネ)

ねじりコイルバネ(トーションバネ)とはコイル軸を中心に捩れる力(トルク)を利用して用途を満たすバネとなっております。
バネの形状は様々で、圧縮コイルバネや引きバネの様に基本形状はなく、取付箇所や取付方法等で形状は多種多様となります。
中には、使用用途が複雑で困難な形状を要求される事も多々ありますが、試作製作から量産まで一環して弊社で執り行っております。
弊社では主に、デスク用ラッチバネや電気製品類に使用するバネを加工しております。
ねじりコイルバネ(トーションバネ)
バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。

製品案内

  • クイックファスナーとは
  • ご利用用途
  • 生産管理システム
  • 求人情報
  • レクリエーション
  • おおさか地域創造ファンド

お問合せ

株式会社光洋
TEL:072-982-2861

〒579-8004
大阪府東大阪市布市町4丁目3番19号
FAX:072-982-2868
Mail:info@koyo-co.co.jp

お問合せフォーム
ISO14001登録証|ISO9001登録証

このページの先頭へ戻る