板バネの製造方法(マルチフォーミング)

マルチフォーミングによる板バネ加工

光洋ではマルチフォーミングマシンを用いて板バネを製造しています。

マルチフォーミング1 マルチフォーミング2

 

マルチフォーミングマシンの特徴

フォーミング加工の大きな特徴として材料送り巾のまま加工が可能な点が挙げられます。プレス加工よりも材料ロスが少なく、製品単価に含まれる材料単価の割合が削減出来ます。

材料送り時の状態 抜き加工後の状態 曲げ加工が入り完成となる

☆上記写真でも分る様に、材料送り時と完成時の材料巾が同様なので材料ロスを削減する事が可能となります。
☆ プレス加工との大きな違いは、材料を送る際に必要なパイロット部分の材料が不必要な事が大きな材料金額のメリットなります。

 

バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ戻る