板バネの材質

板バネに使われる材料を材質別に分類しました。

材質 調質 比重 硬度(HV) 特質 熱処理 特記事項
ステンレス鋼
SUS304CSP
H 7.93 370 バネ材
対磁性
耐食性・耐腐食性が良い
錆び難い
ステンレス鋼
SUS304CSP
3/4H 7.93 310
ステンレス鋼
SUS301CSP
3/4H 7.93 370 バネ材 SUS304よりクロムとニッケルの含有量が低い
ステンレス鋼
SUS301CSP
1/2H 7.93 310
ステンレス鋼
SUS631CSP
3/4H 7.93 400
※熱処理後450
強力な
バネ性
熱処理後、強力なバネ性を発揮
ステンレス鋼
SUS632J2
    350
熱処理後※500
炭素鋼
S60C
  7.9 160 オーステンパ オーステンパ後バネ性を発揮
自動車部品使用が多い
後メッキ処理等が一般的
炭素工具鋼
SK5(SK85)
  7.9 160 オーステンパ

*熱処理 → △:低温焼鈍し  ○:析出硬化処理(470~500℃/1H)  ◎オーステンパ処理(焼入れ後、焼鈍し)

一般的によく使用されますバネ用ステンレス鋼帯、特殊鋼(炭素鋼/炭素工具鋼)を記載しております。
その他の材料でも加工実績が御座います。

実績:特殊鋼(リボン鋼/ベーナイト鋼)、銅系バネ材(リン青銅)

バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ戻る