板バネの種類

板バネは以下のような種類があり形状によって使用用途が変わります。

薄板バネ

薄板ばね 板材を打ち抜き・曲げ・潰し加工することで作られる。明確な基準はないが板厚1mm前後の板バネの総称。形状のバリエーションも多くさまざまな場面で使用される。

重ね板バネ

重ね板バネ 板を重ねた形状のバネ。主に鉄道車両、自動車の懸架バネとして使用される。

トーションバー

トーションバー まっすぐな棒の一端を固定して、ほかの一端をねじった際に生じるバネ作用を利用したバネ。主に自動車の懸架バネや車両のスタビライザーに使用される。

渦巻バネ

渦巻バネ 長方形断面の板材を渦巻状に巻いたバネ。時計や玩具の動力源として使用される。

竹の子バネ

竹の子バネ 長方形断面の板材を円錐状に巻いたバネ。焼入れができないなどの難点があるため使用用途は限られる。

皿バネ

皿バネ 皿状のバネ。電気接点バネなどに使用される。

ファスナバネ

ファスナバネ 座金、留め輪など。機械部品として様々な場面で使用される。

輪バネ

輪バネ 円錐面をもつ内輪と外輪を交互に組み合わせたバネ。機械部品の緩衝装置などに用いられる。

 

バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。

このページの先頭へ戻る