板バネとは

板バネとは

一般に板バネと呼ばれている製品の多くは、平板ないしは、フープ材に打抜加工、 曲げ加工、潰し加工などを加えることによって造られています。光洋では主に薄板バネを取り扱っており、 加工品目安については、板厚:0.3mm~1.0mm、板幅:4.0mm~40.0mm程度となります。

薄板ばねには、炭素鋼ではJIS G 3311に規定されているみがき特殊鋼帯のうちの S50CM~S70CM、SK85M、及びJIS G 4802 のばね用冷間圧延鋼帯を用います。また、ステンレス鋼では、 JIS G 4313 のバネ用ステンレス鋼帯を用います。

非鉄関係の材料も鉄鋼と同様にJISに規定されており、 バネ用ベリリウム銅、バネ用りん青銅、ばね用洋白の板、ないしは条が用いられます。これらの材質の選定に あたっては、それぞれの製品の用途・機能・経済性などから決められます。

薄板ばねとしては、曲げ形状を利用して、 ばね特性を出すものが多く、加工後に適正な熱処理を施し、製品によってはめっきや化成皮膜処理をして使用されます。 薄板バネの種類は、皿バネ・バネ座金・歯付座金・C形止め輪などの規格品をはじめとして種類は非常に多く、 製造は、プレス機やフォーミングマシンを使って行われており、光洋では通常のプレス加工と比較して材料ロスが 少ないマルチフォーミングマシンを使用した加工を得意としております。

板ばねの分野別使用例

ガス差し替え 自動車差し替え
ガス器具 自動車分野
   
電子部品差し替え 照明差し替え
電子部品分野 照明分野

 

 

板バネの使用分野

弱電、半導体、ガス器具、照明器具、建築部品、車輛(電車)、造船、医療機器などさまざまな分野で使用されています。

その他 バネ(照明器具関係・弱電関係・電化製品等)

あらゆる分野で板バネは使用されています。普段生活を行う上で必ずと言って良いほど板バネは使用されており、様々な形状で身の回りに存在しております。
光洋では上記製品以外にも多種多様な板バネを設計・製作しておりますのでお気軽にお問合わせ御待ちしております。

 

・・・詳細

 

板バネの種類

様々な種類があり形状によって使用用途が変わります。
板バネは以下のような種類があり形状によって使用用途が変わります。
・薄板バネ・・・板材を打ち抜き・曲げ・潰し加工することで作られる。明確な基準はないが板厚1mm前後の板バネの総称。形状のバリエーションも多くさまざまな場面で使用される。
・重ね板バネ・・・板を重ねた形状のバネ。主に鉄道車両、自動車の懸架バネとして使用される。
・トーションバー・・・まっすぐな棒の一端を固定して、ほかの一端をねじった際に生じるバネ作用を利用したバネ。主に自動車の懸架バネや車両のスタビライザーに使用される。
・渦巻バネ・・・長方形断面の板材を渦巻状に巻いたバネ。時計や玩具の動力源として使用される。
・竹の子バネ・・・長方形断面の板材を円錐状に巻いたバネ。焼入れができないなどの難点があるため使用用途は限られる。
・皿バネ・・・皿状のバネ。電気接点バネなどに使用される。
・ファスナバネ・・・座金、留め輪、スナップピンなど。機械部品として様々な場面で使用される。
・輪バネ・・・円錐面をもつ内輪と外輪を交互に組み合わせたバネ。機械部品の緩衝装置などに用いられる。

 

・・・詳細

 

板バネの特性

荷重条件によって3つに分類されます。
静的条件の場合には強度と安定、 また動的条件の場合にはさらに疲れ強さや、バネの共振の問題を充分考慮しなければなりません。 さらにバネ特有の特性以外に摩擦・導電性などを同時利用するものがあります。

・・・詳細

 

マルチフォーミングによる板バネ製造

光洋ではマルチフォーミングマシンを用いて板バネを製造しています。

・・・詳細

 

 

 

バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。

板バネとは

  • クイックファスナーとは
  • 板バネとは
  • ご利用用途
  • 生産管理システム
  • 求人情報
  • レクリエーション
  • おおさか地域創造ファンド

お問合せ

株式会社光洋
TEL:072-982-2861

〒579-8004
大阪府東大阪市布市町4丁目3番19号
FAX:072-982-2868
Mail:info@koyo-co.co.jp

お問合せフォーム
ISO14001登録証|ISO9001登録証

このページの先頭へ戻る