板バネとは

板ばねとは

一般に板ばねと呼ばれている製品の多くは、平板ないしは、フープ材に打抜加工、 曲げ加工、潰し加工などを加えることによって造られています。光洋では主に薄板ばねを取り扱っており、 加工品目安については、板厚:0.3mm~1.0mm、板幅:4.0mm~40.0mm程度となります。

薄板ばねには、炭素鋼ではJIS G 3311に規定されているみがき特殊鋼帯のうちの S50CM~S70CM、SK85M、及びJIS G 4802 のばね用冷間圧延鋼帯を用います。また、ステンレス鋼では、 JIS G 4313 のばね用ステンレス鋼帯を用います。

非鉄関係の材料も鉄鋼と同様にJISに規定されており、 ばね用ベリリウム銅、ばね用りん青銅、ばね用洋白の板、ないしは条が用いられます。これらの材質の選定に あたっては、それぞれの製品の用途・機能・経済性などから決められます。

薄板ばねとしては、曲げ形状を利用して、 ばね特性を出すものが多く、加工後に適正な熱処理を施し、製品によってはめっきや化成皮膜処理をして使用されます。 薄板ばねの種類は、皿ばね・ばね座金・歯付座金・C形止め輪などの規格品をはじめとして種類は非常に多く、 製造は、プレス機やフォーミングマシンを使って行われており、光洋では通常のプレス加工と比較して材料ロスが 少ないマルチフォーミングマシンを使用した加工を得意としております。

特性

薄板ばねは荷重条件によって以下のように3分類されます。静的条件の場合には強度と安定、 また動的条件の場合にはさらに疲れ強さや、ばねの共振の問題を充分考慮しなければなりません。 さらにばね特有の特性以外に摩擦・導電性などを同時利用するものがあります。

①静的条件で使用されるもの

  • (a) 荷重の規定・調整

      ばね座金類・クリップクランプ類

  • (b) 蓄積エネルギーの利用

      渦巻ばねなど

seitekijoukennbanetokusei

②動的条件で使用されるもの

doutekijoukennbanetokusei

③ばね特性とそれ以外の特性を利用されるもの

  • (a) 荷重-摩擦

      スプリングピン類・スプリングナット類など

  • (b) 荷重-導電性

      接点ばねなど

sonotabanetokusei

 

 

 

 

 

バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。
  • クイックファスナーとは
  • 板バネとは
  • ご利用用途
  • 生産管理システム
  • 求人情報
  • レクリエーション
  • おおさか地域創造ファンド

お問合せ

株式会社光洋
TEL:072-982-2861

〒579-8004
大阪府東大阪市布市町4丁目3番19号
FAX:072-982-2868
Mail:info@koyo-co.co.jp

お問合せフォーム
ISO14001登録証|ISO9001登録証

このページの先頭へ戻る