設備紹介

弊社の設備の一部をご紹介します。

MX-40MX-40
(線径 Φ4.0 まで加工可能)
立体的な線加工品を加工する事が可能となります。
MCX-20
(線径 Φ2.0 まで加工可能)
立体的な線加工品を加工する事が可能となります。
WH-8 NCコイリングマシン
(線径 Φ0.1~Φ0.8 まで加工可能)
コンピューター制御により、精密なバネの加工が可能となります。
SH-16 NCコイリングマシン
(線径 Φ0.2~Φ1.6まで加工可能)
コンピューター制御により、精密なバネの加工が可能となります。
SH-8 NCコイリングマシン
(線径 Φ0.1~Φ0.8 まで加工可能)
コンピューター制御により、精密なバネの加工が可能となります。
SC-20 コイリングマシン
(線径 Φ0.8~Φ2.0まで可能)
カム式コイリングマシン

ZUB220ZUB220
(t1.2×w50 まで加工可能)
芯金(コア)部分に対し、あらゆる方向から成形でき、様々な形状の小物バネを安定して生産する事が可能です。ZUB200よりも大きいサイズの製品の加工が可能です。
RF-60
(t1.2×w50 まで加工可能)
ZUB200の動力をインバータ制御したタイプです。RF-20よりも大きいサイズの製品の加工が可能です。
SF-150-25-BSF-150-25-B          (t1.2×w50まで加工可能)
コンピュータ制御により、曲げのタイミング等をNC加工する事が可能です。
ZUB200ZUB200
(t1.0×w24 まで加工可能)
芯金(コア)部分に対し、あらゆる方向から成形できるので、様々な形状の小物バネを安定して生産する事が可能です。 

 

PROFORMA RF-20 RF-20
(t1.0×w24まで加工可能)
ZUB200の動力をインバータ制御したタイプです。

 

 

 

マルチフォーミングマシンの特徴

フォーミング加工の大きな特徴として材料送り巾のまま加工が可能な点が挙げられます。プレス加工よりも材料ロスが少なく、製品単価に含まれる材料単価の割合が削減出来ます。

材料送り時の状態 抜き加工後の状態 曲げ加工が入り完成となる

☆上記写真でも分る様に、材料送り時と完成時の材料巾が同様なので材料ロスを削減する事が可能となります。
☆ プレス加工との大きな違いは、材料を送る際に必要なパイロット部分の材料が不必要な事が大きな材料金額のメリットなります。

金型製作

CAD・CAMCAD・CAM ワイヤー放電加工機ワイヤー放電加工機 研磨機研磨機

後工程

テンパー炉(低温処理)テンパー炉(低温処理) 脱脂洗浄機脱脂洗浄機 バレル研磨機バレル研磨機

検査機

画像測定器画像測定器 荷重試験機荷重試験機 投影機投影機
バネ製造に関することなら、お気軽にお問合せください。
  • クイックファスナーとは
  • ご利用用途
  • 生産管理システム
  • 求人情報
  • レクリエーション
  • おおさか地域創造ファンド

お問合せ

株式会社光洋
TEL:072-982-2861

〒579-8004
大阪府東大阪市布市町4丁目3番19号
FAX:072-982-2868
Mail:info@koyo-co.co.jp

お問合せフォーム
ISO14001登録証|ISO9001登録証

このページの先頭へ戻る